根管治療とは

むし歯が奥まで進んでしまい、神経にまでたどりついてしまった場合、「歯を抜きましょう」と診断されてしまうことがあります。しかし、削られた歯と同じように、抜いてしまった歯も一生元に戻ることはありません。どんなに優れた入れ歯を作っても、インプラント治療をしても、ご自身の歯に敵うものもありません。当院では「精密根管治療」を行い、できる限り歯を残せるよう努めています。他院で抜歯と診断されてしまった方も、まずはお気軽にご相談ください。

このような症状の時に根管治療をすることが多くなります

このような歯の症状がある方は、根管治療をしなければ歯を残せる確率が少ないといえます。気になる症状がございましたら、なるべくお早めにご相談ください。

  • 被せ物をした歯が痛い
  • 歯茎まで腫れている
  • 昔治療した歯がまた強く痛みだした
  • 歯の根の治療をしたが、痛みが引かない

根管治療(歯の根の治療)

根管治療(歯の根の治療)には、「根管治療」と「再根管治療」の2種類があります。

根管治療

根管治療は、むし歯が進行し、歯髄(神経のあるところ)に達し、歯髄炎(歯髄が炎症を起こした状態)となった場合、歯髄を除去=抜髄(ばつずい)し、歯髄のあった根管内部を消毒して、完全封鎖して、その上に被せ物をしなければならなくなります。この治療を根管治療といいます。

再根管治療

再根管治療は、主に、過去に根管治療を行った歯が、残ってしまっていたなどによる細菌が根管内部で増殖し、炎症を起こし、根の先端の部分に膿をもつなどした状態(根尖性歯周炎)などをおこしてしまった状態に、再度、感染部分を除去し、根管内部を消毒して、完全封鎖して、その上に被せ物をする治療です。

根管治療で主に行うこと

根管治療で主に行うこと

1・・・歯髄まで侵されたむし歯
まずはむし歯の治療を行います。削る部分を削り、感染を除去します。
2・・・神経を除去します(抜髄)
ファイルという器具を使用して、根管内部の歯髄をきれいにこそぎ取っていきます。
3・・・根管内部をの消毒・封鎖
薬品を使用して、歯髄などをきれいに除去した根管内部を消毒します。消毒後はしっかり密封、封鎖します。
4・・・土台を作り被せ物をする
封鎖した根管の上に土台を作ります。その土台に合わせて被せ物をします。

むし歯の進行

むし歯の進行について

C1 ・・・ エナメル質のむし歯
歯の一番表面の部分である、エナメル質にできたむし歯です。早期発見・早期治療が大切です。。
C2 ・・・ 象牙質まで達したむし歯
むし歯がエナメル質を通り越し、その下にある象牙質まで進行したものです。これ以上悪化して神経にまで達する前に早めに治療することが必要です。
C3 ・・・ 歯髄(神経の部分)まで達したむし歯
むし歯がさらに深くまで進み、歯髄(神経のある部分)にまで達したものです。強い痛みが出たり、症状も深刻なものとなってきます。急いで治療をする必要があります。
C4 ・・・ 歯の根まで達したむし歯(歯の部分がほとんど失われたむし歯)
歯の根の部分だけが残っている状態です。神経も死んでしまうため、痛みは感じなくなりますが、根の部分に膿がたまることもあります。こうなると抜歯となるケースが多くなります。