【精密根管治療】40代男性・左上第一大臼歯根尖性歯周炎

40代男性の精密根管治療の例です。


「左上奥歯を他院で治療してクラウンを入れたが、ずっと噛むと痛い」ということで来院されました。

レントゲン撮影をしたところ、根管治療はされていて根尖に透過像が見られましたが、通常は経過観察を行う状況でした。
しかし、患者さんがもう一度根管治療をして欲しいとの希望だった為、精密根管治療を開始しました。

クラウンとコアを除去後、かなりの腐敗臭がして未処置の根管も見られました。
マイクロスコープ下で根管充填剤を除去し、根管内がかなり感染を起こしていて排膿が見られたため、徹底的に除去、洗浄、消毒を繰り返しました。
その後、感染物質の除去が確認できたので、MTAセメントで根管内を充填し、全4回で治療を終了しました。


  • 年齢:40代(男性)
  • 主訴:左上奥歯を他院で治療してクラウンを入れたが、ずっと噛むと痛い
  • 診断:左上第一大臼歯根尖性歯周炎
  • リスク・副作用:疼痛、腫脹、発熱、咬合時痛、冷水痛、出血などを生じることがあります
  • 通院期間・回数:全4回
  • 費用:135,000円(根管治療のみ)