【精密根管治療】60代女性・右下第二小臼歯根尖性歯周炎

60代女性の精密根管治療の例です。


「右下の根を他院で治療して、冠(クラウン)を入れたが、噛むと痛みがあり違和感がある。治療中にもそのことを訴えたが、冠を入れて様子を見ましょうと言われて不信感を持ったので、当院を受診したい。」ということで来院されました。

レントゲン撮影の結果、根管充填が不十分なのと冠の不適合が原因でした。

慎重に冠とコア(土台)を外し、根管充填剤を除去すると、歯髄壊疽の匂いと排膿が見られたので、洗浄と消毒を繰り返しました。
2回目の治療時には痛みと違和感は消失して、排膿もありませんでした。その後、感染物質の除去が確認できたので、MTAセメントで根管充填し、全3回で治療を終了しました。


  • 年齢:60代(女性)
  • 主訴:右下の根を他院で治療して冠(クラウン)を入れたが、噛むと痛みがあり違和感がある。治療中にもそのことを訴えたが、冠を入れて様子を見ましょうと言われて不信感を持ったので、当院を受診したい。
  • 診断:右下第二小臼歯根尖性歯周炎
  • リスク・副作用:疼痛、腫脹、発熱、咬合時痛、冷水痛、出血などを生じることがあります
  • 通院期間・回数:全3回
  • 費用:98,000円(根管治療のみ)