根管治療のメリット

根管治療のメリット

根管治療のメリットには次のようなものがあります。なんといっても抜歯を回避できる可能性が大きいでしょう。抜歯となると様々な負担や不自由な点が出てきます。歯は可能な限り残す努力をすべきです。実際、歯1本の価値は100万円とも200万円ともいわれています。根管治療で歯を残せる可能性があるのであれば、それにこしたことはないと考えます。

抜歯の回避

何と言っても根管治療の最大のメリットは「抜歯」を回避できる可能性があるということです。抜歯してしまうと、もう歯の機能を取り戻すための選択肢は、入れ歯・ブリッジ・インプラントのみとなります。現状、歯を再生させる治療法はありません。

天然歯の優れた点を少しでも残すことが出来る

歯の周りにある組織を残すことが出来ます。歯の周りには歯根膜といわれる、クッションの役割をする組織などがあります。神経を取ったとしても、これらの組織を残せるかどうかは天地の違いと言っても過言ではありません。

費用の面

なるべく自分自身の歯と同じような噛み心地、見た目を取り戻そうと考えた場合、インプラントとなります。インプラント治療には、一般的に1本あたり35万円~50万円程度の費用が発生します。

各治療法との自由診療での比較

根管治療が成功して歯を救えた場合、インプラント治療をした場合、ブリッジ治療をした場合、部分入れ歯をした場合、治療を放置してやがて抜歯となり、抜歯後も放置する場合を比較してみました。こうしてみると、根管治療にメリットがあることがわかりやすいでのではないでしょうか。

  根管治療 インプラント ブリッジ 入れ歯 歯を失ったまま
噛み心地 ×
費用負担 1本:15万円程度 1本:35~45万円程度 15万円程度 15万円程度 0円
他の歯への負担 なし なし 土台の形に削る バネをひっかける 動いてくる
あごの骨への影響 なし 少なく出来る 痩せる 痩せる 痩せる