マイクロスコープによる精密治療

マイクロスコープとは、歯科用の顕微鏡のことを言います。

主に根管治療などこれまでは細かい部分まで肉眼で確認する事ができなかった患部も、光を当てながら最大約20倍まで拡大して治療を行うことができるので、難しい根管治療も精度の高い治療が当院で可能になります。

肉眼と違い拡大することで治療部位をしっかり確認可能

裸眼で見る限り歯の中は綺麗に見えていても実際はよくわかっていません。マイクロスコープで見ると、はっきりと汚れが確認できます。

勘や経験に頼り切るのではなくしっかり見える治療を

肉眼ではどうしても「勘」や「経験」などに頼らざるを得ないような細かな部分も、マイクロスコープによって拡大視野下で「しっかり見ながら」より確実性を高めた治療を行うことができます。

精密治療により再発率の低減が可能

マイクロスコープでは、はっきりと目で見て確認しながら治療できます。このことは再発率の低減に大きく貢献します。

10倍の拡大視野の写真です。青く映っているのはラバーダムです。

20倍の拡大視野の写真。こんなに細部まではっきり見ることが出来ます。逆に肉眼ではこのようには見えません。