当院の治療の特徴

当院の治療の特徴

院長のカウンセリング

当院では、精密根管治療については、院長が直接カウンセリングを行います。初回カウンセリングで、精密根管治療のお話をもう少し詳しく聞きたいといったケースなどには、院長から直接ご説明させて頂いております。

歯科用CTによる診査・診断

歯の根管は、複数あるとされています。しかし、曲がっている根管や見つからない根管も多く、通常のレントゲンでは詳しい状態はわかりにくいのです。
そこで、歯科用CTを使って立体的な実像を把握することで、レントゲンでは見逃してしまう根管もしっかりと把握でき、より精密な根管治療が可能となります。
根管だけでなく、歯根の先に溜まった病巣の状態もしっかりと確認することができるため、様々な症状を見つけ出して治療できます。

マイクロスコープによる精密治療

マイクロスコープとは、歯科用の顕微鏡のことを言います。主に根管治療などこれまでは細かい部分まで肉眼で確認する事ができなかった患部も、光を当てながら最大約20倍まで拡大して治療を行うことができるので、難しい根管治療も精度の高い治療が当院で可能になります。

10倍の拡大視野の写真です。青く映っているのはラバーダムです。

20倍の拡大視野の写真。こんなに細部まではっきり見ることが出来ます。逆に肉眼ではこのようには見えません。

完全個室診療室完備

当院では全てが半個室の診療室となっており、さらに完全個室の診療室も完備しています。このことによって、長時間の治療や外科治療の際も、リラックスした状態で診療を受けていただけます。また、非常に集中力の必要な精密根管治療で、歯科医師側も、集中できる環境が整っています。

MTAセメントの活用

当院では、根管封鎖などにMTAセメントを活用しています。中には、むし歯の状態次第では、MTAセメントにより歯髄を温存できる(神経を取らなくても済む)場合もあります。

ラバーダムの使用

当院では、精密根管治療の際にラバーダムで防湿を行います。これにより感染から守り、接着剤の性能低下を防ぎます。逆にいうと、ラバーダムをしないで根管治療をするということは、即、唾液によって、一番細菌が入ると困る場所が細菌に汚染されたり、接着もしっかり行われなかったりといったリスクが非常に高くなり、根管治療の失敗=再治療となってしまう可能性が高くなるということです。

ニッケルチタンファイル

ニッケルチタンファイルは柔軟性に富んだファイルです。曲がりくねった根管に沿い、突き破りの防止にもつながります。一般的な保険のファイルでは、曲がりくねった根管に沿って変形しないため、根管を突き破って穴を開けてしまったり、ファイルが折れて、根管内部に残ってしまったりといったことも少なくありません。

徹底した滅菌衛生管理

滅菌・衛生管理は、医療機関として絶対に必要で重要なことです。当院では徹底した取り組みを行っています。歯を削る器具などは滅菌処理を行い、使い回しはしておりません。またディスポーザブル(使い捨て)できるものは可能な限り使い捨てにしております。