当院の精密根管治療

マイクロスコープの拡大視野下での精密治療

マイクロスコープを使い、複雑な形状をしている根管を、最大20倍の拡大視しながら精密治療を行うことを、「精密根管治療」といいます。根管治療では、細菌感染した神経や血管などを根管内部から除去し、根管内を洗浄・消毒してから薬剤をすき間なく注入し密閉・封鎖する治療です。根管はとても複雑な形状で枝分かれしていることもありますが、根管内に少しでも細菌を残してしまうと再発するため、肉眼での治療には限界があります。

しかし、マイクロスコープを使用することで、根管内部を光で照らし、拡大視野で治療できるので、しっかり目で見える状態で除去できます。このことは再発リスクの低減につながります。
さらに歯科用CTにより根管の形態も正確に把握できるようになり、歯科用CTとマイクロスコープの併用により治療の成功率は飛躍的に向上します。

また、マイクロスコープを使用しない、「経験」や「勘」にたよった根管治療では、ファイルで根管を突き破る「穿孔」を起こしてしまうことも少なくありません。そのような状態でも歯科医師自身も気づかずにいて、あとから細菌感染で、大変なことになるといったことも実際起きていることなのです。このようなことを少しでもリスク低減に努めることは大切な事なのです。

ラバーダムによる防湿下での治療

ラバーダムは、歯の周辺組織を歯から隔離するための隔離シートのことです。根管治療は無菌状態で行うことがとても大切です。実際、「0.01ml」程度の唾液が根管に入っただけでも治療は失敗に終わるといわれています。保険の根管治療の成功率が低い理由の一つといえます。当院では、自由診療の精密根管治療を行う際は、必ずラバーダムを使用します。

また、ラバーダムの使用は、根管治療において、歯科医師側に大きなメリットがあります。患者様の息がミラーにあたらないため、ミラーが曇って見えにくくなることが無いのです。さらに、この防湿によって、接着性レジンなどの、要は接着剤のくっつきがしっかりとなされることにつながります。湿った状態は、接着に決して良い影響は与えないのです。

ニッケルチタンファイルの使用

根管治療では、感染した歯髄(神経や血管など)を除去するため「ファイル」と呼ばれる先端の尖った器具を使用します。保険治療では「ステンレスファイル」が使用されていますが、当院の自由診療での精密根管治療では「ニッケルチタンファイル」を使用しています。

一般的に使用されているステンレスファイルは、柔軟性が足りないため、曲がりくねった根管の形態に沿って曲がらず、根管の壊してしまうこともあります。実際、再発で当院を受診され、精密根管治療をされる患者様にも、そのようなケースが多く、中には、ステンレスファイルが折れて、根管内部に残されてしまっているケースもありました。

しかし、ニッケルチタンファイルでは、柔軟性に富み、曲がりくねった根管内部の清掃に適しており、また、ファイルの破折のリスクも抑えられます。

また、保険治療では、毎回ファイルを使い捨てすることは難しい現状もあるかとおもいます。自由診療では、高性能のニッケルチタンファイルであっても、患者様毎に使い捨てとなります。

次亜塩素酸ナトリウムによる根管洗浄

根管治療では、ファイルのよって、根管内部の感染した神経や血管などを除去します。同時に根管内壁も少し削るのですが、その際に出る粉は細菌に汚染されているため、除去する必要があります。根管内全体をできるだけ無菌化しなければならないのですが、従来の治療では、薬を詰めるだけで終わります。当院での、自由診療の精密根管治療では「次亜塩素酸ナトリウム」という薬剤を使用し、根管内部の細菌をしっかり消毒することで再発リスクを抑えています。

MTAセメントの使用

特に再治療を繰り返した根管のケースでは、すでに根管そのものの形態が、度重なるファイルの使用によって、破壊されてしまっている場合もあります。このような損傷がある場合、根管を補修する必要があるのですが、これまでの治療では良い補修剤はありませんでした。しかし自由診療の精密根管治療では、「MTAセメント」という、生体にも優しく、しっかりとした補修作用が登場したことから、根管の修復に使用しています。また、MTAセメントでは、状態によっては、歯髄にむし歯が達していた場合で非常に軽度な場合、歯髄を保存することも可能な場合があります。